忍者ブログ
こどもについて感じること・考えること、思うこと。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近になるまで、「心をこめて(何かをする)」という表現の意味が分からなかった。ところが、先日、文章を書いているときに「心をこめて(○○しましょう)」と書いてしまって、自分は「心をこめて」という表現で表される何らかの確実なイメージを持っている、ということに気がついた。

結論から言うと、「心をこめて」何かをするというのは、そのことに「集中している」という状態だとおもう。だから、「心をこめて話をする」のであれば、相対している相手に話をすることにとても集中している。集中しているがゆえに、「後で牛乳を買わなくちゃ」とか、「この人の髪留めきれいだな」とかではなく、「この人は私の話がどれほど分かっているだろうか」「より分かってもらえる表現を使おう」などの思いや「私が彼女だったら今の自分の話はどんなふうに受け取るだろう」などの共感がわき起こりつつ話をしている、そういう状態。

そのような集中状況というのは、自発的な行動でないと起こりにくいだろう。問題集をやっているとき、たいていは「もうすぐ終わる。終わったらゲームしよう」などと思いながらやっている。それはやらなきゃいけなくてやっているから、受け身でやっているからであり、心はこもらない。でも、「ここのところをよく知りたいからやろう」と自発的に取り組んだときは、その問題に集中して、「こうすればいいのか」「これはこういう意味があるのか」「おもしろい」など感じることができる。このとき、問題集が相手でも心はこもる。

必ずしもスタートは自主的でなくても、取り組むうちに心がこもる場合もある。よい仕事をする人というのは、与えられた仕事に自主的に取り組み、「心をこめて」遂行する人だろう。

ただし、あくまで「心をこめて(○○した)」は結果的な状態を記述するものであって、「心をこめて〜しましょう」という指示には適さない。そういう抽象的な指示は、一人前になるまでに10年とかかける師匠と弟子―—しかももう子どもではない―—との関係では効果を発揮することはあり得るけど。(とくに子どもへの)指示は具体的に、相手が分かるように、が原則だから。自戒をこめて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
リンク
最新コメント
[09/18 猫紫紺]
[09/17 おざわゆきこ]
[09/16 猫紫紺]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
おざわゆきこ
性別:
女性
職業:
主婦と作家
バーコード
ブログ内検索
カウンター
books
自分が関わった本たち
books
オススメ・お気に入りの本たち
忍者ブログ [PR]